POCO(ポコ)でマッチしない人の特徴とは?原因と対処法を紹介!

この記事を読んでいるあなたは、

  • POCO(ポコ)で思うようにマッチしないけどなんで?
  • POCO(ポコ)でマッチしない原因を知りたい
  • POCO(ポコ)でマッチできるようになりたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「POCO(ポコ)でマッチしない人の特徴や対処法」をお伝えしていきます。

POCO(ポコ)でマッチしない人の特徴

POCO(ポコ)でマッチしない原因

POCO(ポコ)でマッチしない人は以下の特徴に当てはまります。

  • プロフィールの見た目がイマイチ
  • あまりログインしていない
  • 利用目的に即していない

ではマッチしない原因を順番に見ていきます。

プロフィールの見た目がイマイチ

POCOはプロフィールの見た目が最も大切といっても過言ではありません。

相手を探している人はまずプロフィールを見て、その人が良さそうか確認します。

そのため、プロフィールが悪ければマッチしにくいです。

また、プロフィールの中でも特に写真の見た目がマッチ率に大きく関係します。

写真がぼけていたり、目を隠していたり、そもそも写真を設定しない人はマッチしません。

あまりログインしていない

POCOではログイン頻度もマッチ率に影響します。

仮にログイン頻度が下がると、それだけ他の人から認識されません。

認識されなければいいねを送られることもないので、マッチするのは非常に困難です。

また、あまりログインしていない人はマッチしても連絡が取れないと思われます。

そのうえ、ログインしないとボーナスも受け取れないので、POCOを利用する場合は1日1回はログインしておきましょう。

利用目的に即していない

POCOはパパ活向けのマッチングサービスです。

主な年齢層は男性が40代からで、女性は20~30代となっています。

紳士的な男性と年下女性とのマッチングが目的なので、男性の場合は年齢が若いとマッチしません。

20代や30代の男性は他のマッチングアプリを利用した方が良いです。

POCO(ポコ)でマッチしない時の対処法

POCO(ポコ)でマッチに成功するポイント

POCO(ポコ)でマッチングしないという方は以下の対処法を試してみてください。

  • プロフィール写真を変更する
  • 自己紹介を見直す
  • 気になる相手にはどんどんいいねする
  • 「今日会いたい機能」を付ける

続けて、マッチしない時の対処法を紹介します。

プロフィール写真を変更する

POCOではプロフィール写真をまず見られるので、印象が悪い写真を使っているとマッチしません。

写真を撮影する時はさわやかさを意識しましょう。

例えば自然な笑顔を見せたり、白い洋服を着たりすればさわやかさを演出できます。

もし自分で撮影するのが困難な場合は、他の人やプロのカメラマンに撮影してもらうのも良いでしょう。

プロのカメラマンはお金がかかりますが、自分では引き出せない写真を撮ってくれるのでおすすめです。

自己紹介を見直す

POCOでは写真の次に自己紹介を見られます。

いくら写真が良くても、プロフィールからその人のことが分からなければマッチしません。

せっかくプロフィールを訪れてくれた人を捕まえるためにも、特に自己紹介には力を入れましょう。

例えば自己紹介を書く時は以下の要素を入れると好印象です。

  • POCOを利用する目的
  • 好きなもの
  • 仕事

これらの要素を入れて自己紹介すれば、相手に自分のことが伝わりやすいです。

また、自己紹介はなるべく簡潔に書きましょう。

長すぎると読むのが面倒になって流されるので注意が必要です。

気になる相手にはどんどんいいねする

POCOでマッチングするには、自分から積極的に行動することが大切です。

容姿が優れていると待っているだけである程度マッチングしますが、それ以外の人は自分から行動しないとマッチしません。

逆に、プロフィールをしっかり設定していいねさえ送っていればマッチします。

マッチしたい方はどんどんいいねを送ってみましょう。

「今日会いたい機能」を付ける

POCOには「今日会いたい機能」という機能が備わっています。

今日会いたい機能は文字通り、マッチしたら今日にでも出会いたいという合図です。

実はPOCOを利用する人の中には、今日会いたい人もたくさんいます。

そんな方にとって、今日会いたいマークにチェックが入っているといいねをもらいやすいです。

いいねをもらえばマッチできて、そこからデートにつなげられます。

ただ、今日会いたい人の中にはサクラの可能性もあるので注意しましょう。

POCO(ポコ)でマッチしない人におすすめのアプリ

おすすめのマッチングアプリ

POCO(ポコ)がイマイチ自分に合わないという方は以下のアプリを試してみましょう。

  • with
  • シュガーダディ

ではアプリの特徴を順番に見ていきましょう。

with

with(ウィズ)はメンタリストのDaigoさんが監修しているマッチングアプリです。

プロフィールなどから自分の価値観を数字で出してくれます。

その数字を参考にしながら、マッチングしたい相手を探せるので、共通の価値観や趣味を持つ恋人と出会いやすいです。

マッチングの質が良いので利用者が多く、すでに登録者が100万人を突破しています。

利用者が多いのでしっかりとプロフィールを作っておけばマッチしやすいです。

ちなみに、withの年齢層は20~30代ですが、40代以降も利用しているので幅広い人とマッチできます。

シュガーダディ

シュガーダディは成功した男性と女性をマッチングするアプリです。

男性の登録者は30代の経営者や会社役員が大多数を占めています。

まさに人生に成功したといっても過言ではない人が集まっているので、ハイステータスな男性を求める女性に人気です。

POCOと同じような特徴を持っているので、POCOとシュガーダディを併用することでより多くの異性と出会えます。

自分のステータスに自信がある方はシュガーダディも利用するのがおすすめです。

POCO(ポコ)でマッチしない人の原因と対処法まとめ

POCO(ポコ)でマッチに成功

POCO(ポコ)でマッチしない人の特徴や対処法を紹介してきました。

マッチしない原因はプロフィールの完成度にあります。

プロフィールの出来がイマイチだと、相手からの印象が悪くなるのでマッチしづらいです。

マッチする確率を上げるためにも、まずはプロフィールをもう一度見直してみましょう。

写真の印象が良いか、プロフィールから自分が伝わるようになっているかがチェックポイントです。

プロフィールを改善した後は積極的にいいねを送るとマッチするでしょう。