pato(パト)でマッチしない人の特徴とは?原因と対処法を紹介!

この記事を読んでいるあなたは、

  • pato(パト)で思うようにマッチしないけどなんで?
  • pato(パト)でマッチしない原因を知りたい
  • pato(パト)でマッチできるようになりたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「patoでマッチしない人の特徴や対処法」をお伝えしていきます。

pato(パト)でマッチしない人の特徴

pato(パト)でマッチしない人の特徴

pato(パト)でマッチしない人は以下の特徴に当てはまります。

  • patoコールを利用していない
  • 写真が掲載されていない
  • プロフィールに空白が目立つ

ではマッチしない原因を順番に見ていきます。

patoコールを利用していない

patoには、男性がギャラ飲みに参加する人を募集するpatoコールという機能があります。

patoコールは女性からは送れない仕組みになっているので男性から送らなければいけません。

言い換えると、男性側がpatoコールしない限りマッチしないということです。

それを知らずに、女性からのアプローチを待っているとマッチしません。

写真が掲載されていない

patoではプロフィール設定として写真を掲載できます。

写真は相手がマッチしたい人を検索する時に見られるので、写真が設定されなければスルーされる可能性が高いです。

実際に検索してみると分かりますが、写真がある人とない人では安心感が異なります。

patoはマッチングアプリなので、実際に会うまでその人の人間性が分かりません。

その不信感を取り除くために、patoの利用者はプロフィールから判断します。

そのため、写真を掲載して相手に安心感を与えた方がマッチしやすいです。

写真を掲載していないだけで大幅に不利になるので、マッチしない方は写真が関係している可能性があります。

プロフィールに空白が目立つ

patoには写真以外にも、職業や自己紹介などを載せるプロフィールがあります。

プロフィールは写真の次に見られる項目です。

写真から好印象を抱いた人が、その人の人間性をもっと詳しく見るためにプロフィールを閲覧します。

仮にプロフィールに空欄が多いと、その人の特徴が見えてこないのでマッチを避けられやすいです。

pato(パト)でマッチしない時の対処法

pato(パト)でマッチするポイント

pato(パト)でマッチングしないという方は以下の対処法を試してみてください。

  • 印象の良い写真を掲載する
  • プロフィールを充実させて相手に安心感を与える
  • 気になり異性にはいいねをどんどん送る
  • つぶやき機能でアピールする

続けて、マッチしない時の対処法を紹介します。

印象の良い写真を掲載する

ご紹介したように、patoでは写真を掲載するのがマッチするには大切です。

自画像をプロフィールに載せることで相手に安心感を与えます。

しかし、ただ自画像を載せるだけでマッチ率は上がりません。

少しでも自分を見せることがマッチするためには重要なポイントです。

人は外見からその人のことを判断する傾向があるので、イケメンや美女であるほど相手から声をかけられます。

すべての人が自分をイケメンや美女に見せるのは難しいですが、それでもさわやかに見せたり好印象に見せたりできるはずです。

patoでマッチできない方は、写真の撮り方を工夫して少しでも相手に良い印象を与えましょう。

プロフィールを充実させて相手に安心感を与える

patoでは顔出しするのがマッチするためには効果的ですが、中にはあまり顔を出したくない人もいるでしょう。

もし顔出ししたくない方は、プロフィールでアピールすれば挽回が可能です。

patoはギャラ飲み用のサービスですが、相手のプロフィールを見てマッチするかどうか決める人も少なくありません。

そのため、プロフィールにある年齢や住所、職業などを極力埋めておきましょう。

そのうえで、自己紹介文を記入すれば相手に安心感を与えられます。

プロフィールも写真と同じくらい大切なので、空欄が多い方はもう一度見直しましょう。

気になり異性にはいいねをどんどん送る

patoでマッチングするには、いいねを送りまくることが大切です。

いいねを送って、相手からメッセージが来るとマッチング成立になるので、自分から行動しましょう。

待っていてもいいねが来る可能性はありますが、待つだけはあまり効率的ではありません。

そのうえ、容姿やプロフィールなどが優秀でないと相手からのいいねが来ないので気を付けましょう。

ちなみに、patoでは男女ともいいねを無料で送れる仕組みです。

気軽にいいねを利用できる体制が整っているので、遠慮せずどんどんアプローチしていきましょう。

つぶやき機能でアピールする

patoにはつぶやき機能もありますが、積極的にギャラ飲みしたいことをつぶやくとマッチしやすいです。

相手からすると積極的にギャラ飲みをしてくれる人は印象が良いので、マッチしたいと思われます。

そのつぶやきを見た人からいいねが送られてマッチにまで発展するので、定期的につぶやき機能も利用しましょう。

pato(パト)以外におすすめの出会い系マッチングアプリ

アプリを紹介する人

pato(パト)は気軽に男女が出会えるサービスですが、中には真剣な恋愛をしたい人もいるはずです。

マッチしない方はその考えのズレが原因になっている可能性もあります。

遊びではなく真剣な恋愛をしたい方には、以下のアプリがおすすめです。

  • Match(マッチドットコム)
  • Omiai(オミアイ)

では順番にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

Match(マッチドットコム)

Match(マッチドットコム)は30~40代の男女がメインに利用しているマッチングアプリです。

年齢層が20代ではないので、真剣な恋愛をしたい方が集まっています。

また、マッチドットコムではマッチしていない状態でメッセージを送れるのが特徴です。

積極的にアピールできるので、気になる異性とマッチしやすいでしょう。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは Match(マッチドットコム)の特徴について知りたい Match(マッチドットコム)の使い方を知りたい Match(マッチドットコム)の評判・口コミを知りたい上記のように考えている[…]

Matchアイキャッチ画像

Omiai(オミアイ)

Omiaiは累計会員登録者数400万人以上のマッチングアプリです。

主な利用者は20~30代と少し若めですがですが、結婚を視野に入れている方が利用しています。

また、Omiaiでは本人確認や年齢確認を行うなど徹底しているので安心して利用できるのも特徴です。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは Omiai(オミアイ)の特徴について知りたい Omiai(オミアイ)の使い方を知りたい Omiai (オミアイ)の評判・口コミを知りたい上記のように考えているかもしれません。[…]

おみあいアイキャッチ

pato(パト)でマッチしない人の原因と対処法まとめ

pato(パト)でマッチに成功

pato(パト)でマッチしない人の特徴や対処法を紹介してきました。

マッチしない方はプロフィールが影響しているかもしれません。

写真や自己紹介のクオリティでマッチするかどうか決めるので、プロフィールが悪いとマッチするのに苦労します。

思うようにマッチできない方はもう一度プロフィールをチェックしてみましょう。