ブライダルネットでマッチしない人の特徴とは?原因と対処法を紹介!

この記事を読んでいるあなたは、

  • ブライダルネットで思うようにマッチしないけどなんで?
  • ブライダルネットでマッチしない原因を知りたい
  • ブライダルネットでマッチできるようになりたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「ブライダルネットでマッチしない人の特徴や対処法」をお伝えしていきます。

ブライダルネットでマッチしない人の特徴

ブライダルネットでマッチしない人の特徴

ブライダルネットでマッチしないでマッチしない人は以下の特徴に当てはまります。

  • メインの写真がイマイチ
  • 積極的に申込みしていない
  • 利用目的に合っていない

では、マッチしない3つの原因を詳しく見ていきましょう。

メインの写真がイマイチ

ブライダルネットでは一番最初にプロフィール写真を見られます。

写真を見てその人の第一印象を決めてしまうので、メインの写真がイマイチだとマッチしません。

例えば暗い雰囲気が伝わる写真や必要以上に盛り上がっている写真は印象が悪くなりがちです。

見た人の印象を悪くする写真になっていると、マッチ率が大幅に下がるのでマッチしない人は写真が原因かもしれません。

積極的に申込みしていない

ブライダルネットには申込みというシステムがあります。

申込みとは相手に好意を持っていることを示せるもので、他のマッチングアプリで言うところのいいねと一緒です。

ブライダルネットでは異性との出会いが申込みから始まります。

申し込んで相手が応答してくれたらマッチは成立しますが、自分から積極的に申し込まないとマッチしません。

一応待っていても相手から申し込まれる可能性もありますが、よほどプロフィールが優れていないと難しいです。

逆に、特別容姿が優れていなくても、申込み率を上げればマッチ率も上がります。

利用目的に合っていない

ブライダルネットは結婚目的で利用している方が多いです。

そのため、恋人がほしい方や結婚願望がない人にはあまり向いていません。

また、婚活志向が強いマッチングアプリなので、メインの年齢層も少し上がります。

中でも30代の利用者が多く、20代だと遊び目的で利用していると思われがちです。

この場合は対応できないので、他のアプリを利用した方が良いかもしれません。

ブライダルネットでマッチしない時の対処法

ブライダルネットでマッチしない対処法

ブライダルネットでマッチングしないという方は以下の対処法を試してみてください。

  • 気に入る写真が撮れるまで撮影しまくる
  • プロフィールを充実させる
  • みんなの日記を積極的に利用する
  • 証明書類を提出する

続いて4つの対処法を順番に紹介していきます。

気に入る写真が撮れるまで撮影しまくる

ブライダルネットでは写真が大切です。

相手は写真から情報を読み取って、自分と合うかどうか決めてしまいます。

そのため、雑な写真だと相手にマイナスの印象を与える可能性が高いです。

相手に悪い印象を与えないためにも、何枚も写真を撮りましょう。

繰り返し撮影することで奇跡の一枚が登場します。

納得する写真を載せることで、現在よりマッチ率が上がるでしょう。

ちなみに、ブライダルネットでは加工した写真は載せられません。

写真を載せる時は担当者がすべて目視で確認するので、加工がバレると拒否されます。

ありのままの自分をどのようにして良く見せるのかがポイントです。

プロフィールを充実させる

ブライダルネットで最初に見られるのは写真ですが、その次はプロフィールです。

仮にプロフィールが白紙に近い状態だと申込みされません。

せっかくプロフィールを訪れてくれたのに逃げられるともったいないので、興味を持ってもらえるプロフィールにしておきましょう。

プロフィールでは以下のポイントを書くと効果的です。

  • 職業
  • 収入
  • 結婚観
  • 趣味

最低この4つが分かるプロフィールにすれば、相手に興味を持ってもらえます。

みんなの日記を積極的に利用する

ブライダルネットには「みんなの日記」という機能があります。

みんなの日記とはただの日記でブログの感覚に近いです。

一見するとあまり効果がないように思えますが、みんなの日記を執筆するとブライダルネットのトップ画面に「新着」として掲載されます。

その日記を見た人が自分に親近感を持って申し込んでくれるかもしれません。

みんなの日記からマッチすることも多いので、積極的に利用しましょう。

ちなみに、みんなの日記では文字以外に画像も載せられます。

画像を載せることで、さらに自分をアピールできるのでマッチ率が上がるでしょう。

証明書類を提出する

ブライダルネットでは、特定の書類を提出することで信頼性を上げられます。

例えばプロフィールの部分で年収1,000万円と書かれていても、多くの人が怪しいと感じるでしょう。

しかし、年収を見せる書類を提出していたらどうでしょうか?

疑う余地もなくその人が年収1,000万円であることが分かります。

このように、書類は信頼性を上げてくれるので、提出できるものはすべて申請しましょう。

ちなみに、証明書類解いて認められるのは以下のものです。

  • 住所証明…住民票や公共料金通知書
  • 勤務先証明…社員証や源泉徴収票、給与明細
  • 年収証明…源泉徴収票や納税証明書、確定申告書など
  • 学歴証明…卒業証書や卒業証明書など
  • 独身証明…独身証明書(発行日より3か月以内)など

ブライダルネットでマッチしない人におすすめのアプリ

おすすめする女性

ブライダルネットでうまくマッチできない方は、他のアプリを同時に利用するのもおすすめです。

中でも以下のマッチングアプリをおすすめします。

  • ペアーズ
  • ゼクシィ縁結び

では、この2つのアプリがどういったものか見ていきましょう。

ペアーズ

ペアーズは利用者数が1,000万人を超える国内最大級のマッチングアプリです。

利用者が多いので、年齢層の幅も広くなっています。

ブライダルネットの場合は30代に偏っていて、20代は不利になりがちです。

一方でペアーズは20代の利用者もたくさんいるので、ブライダルネットよりマッチしやすいでしょう。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びはブライダルネットと同じで、婚活に特化しているアプリです。

ブライダルネットだけだと、どうしても利用者が限られてきます。

利用者が減ると出会いの数も減るので、お好みの異性と出会えないかもしれません。

そこで同じ特徴を持つゼクシィ縁結びを利用するということです。

ゼクシィ縁結びとブライダルネットを利用すれば出会いの数が増えるので、順調にいけばマッチ率が上がります。

ブライダルネットでマッチしない人の原因と対処法まとめ

ブライダルネットでマッチに成功

ブライダルネットでマッチしない人の特徴や対処法を紹介してきました。

マッチしない人は写真がイマイチ、積極的に申込みをしていない傾向があります。

この2つはマッチするために非常に大切なポイントなので、押さえられていない場合はマッチしません。

まずはプロフィールから見直して、その後に積極的に申し込んでいけばマッチ率も改善されるでしょう。